「未分類」カテゴリーアーカイブ

アジ釣り

8月10日(土)天気は晴れ

G社さんとアジ釣り交流をしてきました。

総勢20名での船釣り初心者ばかりのため、
ノルマである10匹を釣れるか不安でしたが、
そんな不安はいりませんでした。

餌を入れれば次々と食い掛る爆釣で、
全体で200匹以上釣ることが出来ました。

ちなみに我々システムコラボが釣ったアジは、
笑顔が眩しいKさんが15匹
イケメン専務Tさんも15匹
釣れたアジにビビッてた私Kが12匹
最後に大型新人のUさんがなんと20匹

なんとかノルマである10匹以上を釣れ、
非常に楽しみながら釣りが出来ました。

釣ってきたアジをみんなで捌き、
塩焼き、なめろう、南蛮漬け、素揚げなどを
お酒と一緒に美味しくいただきながら交流をすることが出来ました。

G社さん、楽しい会にお招きいただきありがとうございました。

社員キャラ続々(笑)

マリオ
マリオ
マリオです。

きみちゃんにキャラ造形をお願いしたら、
こんな悪人面にされてしまいました。

いや、そっくりだと思うけど。
かなりの自信作よ?
きみちゃん
きみちゃん

わたしはもっと格好良いはずだけど?
けいちゃん
けいちゃん
たむたむ
たむたむ
ないないw

ゴルフミニコンペ with G社の皆様

2019/6/29(土)
ゴルフミニコンペ@扶桑カントリークラブ

お得意先様とのゴルフミニコンペに行ってきました!!

弊社の布陣は、仕事人間ドMのS澤部長、そして昨年ドラフト1位指名で鳴り物入りで入社したゴールデンルーキーKちゃん、そしてそして私T村の盤石の体制??wwで臨みます。

私の日頃の行いがイマイチなのか、生憎の空模様(*’▽’*)

そんな中、うちのKちゃんは、2ドラコン賞に1ニアピン賞を獲得していつものスーパースマイル炸裂!!

スコアは悲惨な結果となったが、怪我なくみんなが笑顔で終わる事ができて最高の一日となりました。

G社の皆様、いつも楽しい時間をありがとうございます( ^ω^ )

2019年マラソン大会

2/16(土)にマラソン大会に参加してきました。
当日は天候にも恵まれ、絶好のマラソン日和!

   

応援団長&カメラマンとしてはHさんが参加してくれました。
ダンディでとても素敵なのですが、少し某有名ジブリの主人公に似ているような…

応援していただき、大変心強かったです。

   

待っている間は仲良くキャッチボール♪

   


今年は3チームに分かれて参加したのですが、7名中5名は10キロ以上を完走!
そのうちYさんTさんペアは2時間を切るという高タイ ムでした!

    

無事全員でゴールをした後は、お待ちかねのビールで乾杯です!
運動した後のビールは格別ですね。

楽しい時間はあっという間に終わり、充実した1日となりました。 来年もまたみんなでタスキを繋いで絆を深めていけたらいいなと思います。

第一回コラボコンペ

マリオです。

 

シスコラのゴルフ部発足記念という事で「第一回コラボコンペ」なる社内ゴルフコンペが開催されました。

わたくしマリオを含む総勢6名が優勝を目指して火花を散らす…と言うよりは、大自然に抱かれ爽やかな汗を流すと言う、和気藹々とした楽しいコンペとなりました。

 

私事で恐縮ですが、マリオはゴルフコースデビュー戦です。
この日のために、練習を積むこと約10時間。もちろん、初めてゴルフクラブに触って10時間程でコースに出たと言う意味です。

ええ、そりゃあもう、圧倒的に練習が足りませんな。
でもご安心ください。実はわたくし、身体を動かすことに関しては天才的だと言われております。

はい、天才的な運動音痴でございます。

つまりですね、10時間が100時間やっていたとしても結果に大差ない自信があります。

何しろ、ドライバーなんて一度も当たったことが無いような状態で出場ですよ。この面の皮の厚さだけは自分で自分を褒めたいですね。

今回のコンペの紅一点、MKさんは先日我社に入社したばかりの新人ですが、私がカートに乗っているのを「マリオカート」と評するなど、打ち解けて頂けたようで何より。優勝争いでは大穴のポジションか。

そして、今回の大本命、TK君も、やはり我社に入社したばかりの新人さん。業界未経験ですがゴルフが上手と言う事で鳴物入りで入社してきたスポーツマン。

老練の妙技が光る敬ちゃんは差詰め対抗と言ったところか。ゴルフは腕力より経験が物を言う競技。まだまだ若い者に負けはせぬ!

続きましてはJTさん。シスコラゴルフ部の発起人にして、今回のコンペの幹事さん。マリオをゴルフの世界に引きずり込んだ張本人。

向正面回りまして先頭集団から2馬身遅れてHSさん、打ったボールが立木で跳ね返り、打った場所より後ろに着弾するトラブルで若干差が開いたか。

さらに5馬身遅れてシンガリはマリオ。各馬が優勝争いの中、逆独走態勢でコースを楽しんでいる。もはやドライバーを諦めてマッシーしか使っていない。ティーアップ何それ状態ならバンカーは迂回して手堅く打数を増やしてます。「今回の目標は170を切ること」などと言っていますが、本気かマリオ。

と言うわけで、一名を除いてレースの行方は大混迷を極めましたが、無事、怪我人もなく社長が優勝を決めまして第一回システムコラボ杯(名前が変わっている気がする)は終了したのでした。

なお、出場者の名誉のために言っておきますが、社長相手でも決して接待ゴルフではありません。

2017年 社員旅行 in 伊香保温泉

皆様、こんにちは。
SCC社員旅行の様子をレポートさせていただきます。
高橋です。

今年は、社員旅行中に社員総会も行っておりますので
社員総会の様子も併せて紹介いたします。

今年の幹事は、蒔田さんです。
なんと、自らの立候補で、1泊2日で伊香保温泉へ行く計画を
立てて頂きました。

参加者は13名で、時間通り上野を出発し
渋川からはバスで伊香保温泉へ向かいました。

 

社員総会の様子です。

 

こちらは伊香保のシンボル石段です。
石段をはさんで、お土産物屋や饅頭屋、遊戯場が並んでます。

 

食事処、松の間

 

食事のあとの2次会_カラオケ

 

 

2日目
伊香保自慢の絶景を眺めるため、上野山公園を目指します。

 

上の山公園到着

 

ときめきデッキからの眺望

 

 

とても素敵な景色でした。

今年の社員旅行は楽しく、とても充実したものとなりました。

では、2017年 伊香保温泉 社員旅行でした。

 

 

今まさに年末!

年末でございまして、次の日曜日は来年元日となる予定。

昨日昼ごろからはクリスマスリースを、若干気の早い注連飾りに掛け替えるご家庭もチラホラ。
気温も湿度もぐっと下がって、風邪をひきやすい季節となりましたが、如何お過ごしでしょうか、マリオです。
繰り返しますが寒い季節となってまいりました。
イヤ、寒い寒い、何処が寒いって懐が寒くて仕方がないのですが、財布に詰める金も無し。
せめて、懐に炉を忍ばせて暖をとるのが関の山。
つまり、懐炉(カイロ)でございますナ。

私は高校時代、写真部に所属しておりまして、冬の撮影などには「灰式懐炉」なるものを持って外出したものです。
木炭の粉と木の灰を練り合わせた固形燃料に火をつけたものを不燃綿で包んだような構造で、固形燃料がジワリジワリと燃える熱で暖をとる代物で、江戸時代元禄初期には既にあったようです。
燃料に水分や水素が含まれませんので、コレでカメラを温めてもレンズが曇らない、結露しないのが広く写真向けに用いられた所以。
木炭の粉100%ですと炎を上げて燃えてしまいますので、塩梅良く燃えるように混ぜ込んだ木の灰。この灰にはクスノキの灰や、桐の木の灰が好く用いられ、桐の灰を混ぜた燃料を製造販売していた会社に「桐灰化学」という会社がございました。
(コチラは今でも使い捨てカイロのトップメーカーのひとつでございますナ。)
灰式懐炉から少し遅れて大正に入りますと「触媒式懐炉」なるものが登場いたします。
液体燃料をプラチナ触媒で酸化させ、酸化熱で暖をとるカラクリで、燃料には主にベンジンやホワイトガソリンを用いております。
燃料の主体が炭化水素なので、灰式懐炉とは違い水分が発生してしまいますから、結露を嫌う用途には向きませんが、使い捨てカイロの10倍以上の熱量を持っておりますので、温かいうえに長時間使用に向いており、南極越冬隊にも好んで使われているとか。
プラチナ(白金)を触媒としておりますゆえ白金懐炉(ハクキンカイロ)と命名され、コチラ現在でもハクキンカイロ株式会社さんから販売されておりますし、ナウなヤングに大人気のZippoブランドで「Zippoハンドウォーマー」というのも流通しているようです。

若干脱線させていただきますと、Zippoハンドウォーマーの燃料にはZippoオイルを用いるのですが、仕組みとしては白金懐炉でございますから、メーカーさんの補償対象外かとは思いますが、燃料用ベンジン(懐炉用ベンジン)でも遜色なく暖まることができます。
この燃料用ベンジンのグラム単価がZippoオイルのおよそ1/4でございまして、非常に経済的。私など、Zippoライターの燃料にも燃料用ベンジンを用いている始末ではございますが、何かあったときには大問題となりかねませんので、皆様にあらせられましては決して真似をすることなどございませぬよう。
ところで、小学生のころ「ボンスター」なるスチールたわしを燃やすという実験をしたことはございませんかナ。
私など「鉄が燃えた!」と、ソコソコ感動したのを覚えておりますが、鉄という代物、ある程度表面積を大きくすれば空気中で燃やすことができるのみならず、より表面積を大きくすれば自然発火も辞さぬ覚悟の金属。
この「鉄の酸化熱」を上手くコントロールして暖をとるのが「使い捨てかいろ」でございます。
灰式懐炉も触媒式懐炉も、最初は火をつけるという所作が必要になりますが、使い捨てカイロは袋から出すだけで温かくなりますから、これは不思議、これは便利と大流行したものです。

あまり特定企業の商品名を出すのもいかがなものかと思いますが、それを言い出したら既にいくつも出しておりますので、今更言いっこなしとさせていただいて、金鳥こと大日本除虫菊の「どんと」の1983年のCMは30年以上経った今でも私の脳裏に焼き付いています。
古墳時代の人々扮する西川のりお氏と桂文珍氏が、冬の寒さに震えながら「ちゃっぷい、ちゃっぷい、どんとぽっちい!」と叫ぶCMです。
(現代語訳すると「寒い・寒い・どんと欲しい!」なのだそうで。。。)
あとは、我らがミスター・ナイトスクープ桂小枝師匠出演の桐灰化学のCMも印象深いですナ。
そうそう、思い出しましたが、最近、これまた不思議な懐炉を見かけました。
「エコカイロ」とか言うてましたかしら。厚手のビニール袋の中に、何やら液体と金属片が封入されていまして、この金属片でパッチンと衝撃を与えると、液体が見る見る固まりながら温かくなる。
ただ、一時間もすると冷めてしまうのが難ありですが、中身が固まったエコカイロをお湯で温めますと、また液体に戻り、パッチンでホカホカ。
まぁ、いたく好奇心を刺激する商品ではございますが、実用という面で私の生活には合いません。時間が短すぎます。
あとは、電池式なんてのがありますね。
至って単純、電気を使って熱を起こし、電池が空になったら充電する。スイッチ一つでON/OFFできるのが便利です。
最近は出先でスマホを充電するのにモバイルバッテリーを持ち歩く人も多いようですが、モバイルバッテリーと電池式懐炉が一体になったものなんてのもあります。

まぁ、いろいろな懐炉をご紹介しましたが、皆さんはいくつご存知でしたでしょうか。
これからも、新しい仕組みの懐炉を見かけたらご紹介していきたいと思います。

え?

ああ、会社とは一切関係ないですよ!
マリオの個人的な趣味です。

それでは、皆さんよいお年を!!

ゴルフコンペ?・・・

先月22日にK社のご協力でSCC初のゴルフコンペを行いました。当日は雨でのスタートでしたが、3番ホールを過ぎたころから一転し快晴の暖かい陽射しのプレーとなりました。一人ずば抜けた方、まずまずの方、初デビューの方でのハチャメチャコンペとなり、スコアはそれなりで公開できないほどした。Sさん、キャディーさん、ゴメンナサイでしたが楽しい一日でした。SCCでもゴルフクラブを作り、頑張ってみようかとも思っています。image2

 

創立記念日

先日(9月10日)は株式会社システムコラボの創立記念日でした。

そこで、9月9日には社員総会が開催されました。
社員総会では、昨今の業績や会社の体制、今後の方針などが発表され、10周年を目前に一層の飛躍への決意を新たにしました。

それは、それで大事なんですけど…。
やっぱり、その後の懇親会が一番の楽しみです。