Mario のすべての投稿

今まさに年末!

年末でございまして、次の日曜日は来年元日となる予定。

昨日昼ごろからはクリスマスリースを、若干気の早い注連飾りに掛け替えるご家庭もチラホラ。
気温も湿度もぐっと下がって、風邪をひきやすい季節となりましたが、如何お過ごしでしょうか、マリオです。
繰り返しますが寒い季節となってまいりました。
イヤ、寒い寒い、何処が寒いって懐が寒くて仕方がないのですが、財布に詰める金も無し。
せめて、懐に炉を忍ばせて暖をとるのが関の山。
つまり、懐炉(カイロ)でございますナ。

私は高校時代、写真部に所属しておりまして、冬の撮影などには「灰式懐炉」なるものを持って外出したものです。
木炭の粉と木の灰を練り合わせた固形燃料に火をつけたものを不燃綿で包んだような構造で、固形燃料がジワリジワリと燃える熱で暖をとる代物で、江戸時代元禄初期には既にあったようです。
燃料に水分や水素が含まれませんので、コレでカメラを温めてもレンズが曇らない、結露しないのが広く写真向けに用いられた所以。
木炭の粉100%ですと炎を上げて燃えてしまいますので、塩梅良く燃えるように混ぜ込んだ木の灰。この灰にはクスノキの灰や、桐の木の灰が好く用いられ、桐の灰を混ぜた燃料を製造販売していた会社に「桐灰化学」という会社がございました。
(コチラは今でも使い捨てカイロのトップメーカーのひとつでございますナ。)
灰式懐炉から少し遅れて大正に入りますと「触媒式懐炉」なるものが登場いたします。
液体燃料をプラチナ触媒で酸化させ、酸化熱で暖をとるカラクリで、燃料には主にベンジンやホワイトガソリンを用いております。
燃料の主体が炭化水素なので、灰式懐炉とは違い水分が発生してしまいますから、結露を嫌う用途には向きませんが、使い捨てカイロの10倍以上の熱量を持っておりますので、温かいうえに長時間使用に向いており、南極越冬隊にも好んで使われているとか。
プラチナ(白金)を触媒としておりますゆえ白金懐炉(ハクキンカイロ)と命名され、コチラ現在でもハクキンカイロ株式会社さんから販売されておりますし、ナウなヤングに大人気のZippoブランドで「Zippoハンドウォーマー」というのも流通しているようです。

若干脱線させていただきますと、Zippoハンドウォーマーの燃料にはZippoオイルを用いるのですが、仕組みとしては白金懐炉でございますから、メーカーさんの補償対象外かとは思いますが、燃料用ベンジン(懐炉用ベンジン)でも遜色なく暖まることができます。
この燃料用ベンジンのグラム単価がZippoオイルのおよそ1/4でございまして、非常に経済的。私など、Zippoライターの燃料にも燃料用ベンジンを用いている始末ではございますが、何かあったときには大問題となりかねませんので、皆様にあらせられましては決して真似をすることなどございませぬよう。
ところで、小学生のころ「ボンスター」なるスチールたわしを燃やすという実験をしたことはございませんかナ。
私など「鉄が燃えた!」と、ソコソコ感動したのを覚えておりますが、鉄という代物、ある程度表面積を大きくすれば空気中で燃やすことができるのみならず、より表面積を大きくすれば自然発火も辞さぬ覚悟の金属。
この「鉄の酸化熱」を上手くコントロールして暖をとるのが「使い捨てかいろ」でございます。
灰式懐炉も触媒式懐炉も、最初は火をつけるという所作が必要になりますが、使い捨てカイロは袋から出すだけで温かくなりますから、これは不思議、これは便利と大流行したものです。

あまり特定企業の商品名を出すのもいかがなものかと思いますが、それを言い出したら既にいくつも出しておりますので、今更言いっこなしとさせていただいて、金鳥こと大日本除虫菊の「どんと」の1983年のCMは30年以上経った今でも私の脳裏に焼き付いています。
古墳時代の人々扮する西川のりお氏と桂文珍氏が、冬の寒さに震えながら「ちゃっぷい、ちゃっぷい、どんとぽっちい!」と叫ぶCMです。
(現代語訳すると「寒い・寒い・どんと欲しい!」なのだそうで。。。)
あとは、我らがミスター・ナイトスクープ桂小枝師匠出演の桐灰化学のCMも印象深いですナ。
そうそう、思い出しましたが、最近、これまた不思議な懐炉を見かけました。
「エコカイロ」とか言うてましたかしら。厚手のビニール袋の中に、何やら液体と金属片が封入されていまして、この金属片でパッチンと衝撃を与えると、液体が見る見る固まりながら温かくなる。
ただ、一時間もすると冷めてしまうのが難ありですが、中身が固まったエコカイロをお湯で温めますと、また液体に戻り、パッチンでホカホカ。
まぁ、いたく好奇心を刺激する商品ではございますが、実用という面で私の生活には合いません。時間が短すぎます。
あとは、電池式なんてのがありますね。
至って単純、電気を使って熱を起こし、電池が空になったら充電する。スイッチ一つでON/OFFできるのが便利です。
最近は出先でスマホを充電するのにモバイルバッテリーを持ち歩く人も多いようですが、モバイルバッテリーと電池式懐炉が一体になったものなんてのもあります。

まぁ、いろいろな懐炉をご紹介しましたが、皆さんはいくつご存知でしたでしょうか。
これからも、新しい仕組みの懐炉を見かけたらご紹介していきたいと思います。

え?

ああ、会社とは一切関係ないですよ!
マリオの個人的な趣味です。

それでは、皆さんよいお年を!!

創立記念日

先日(9月10日)は株式会社システムコラボの創立記念日でした。

そこで、9月9日には社員総会が開催されました。
社員総会では、昨今の業績や会社の体制、今後の方針などが発表され、10周年を目前に一層の飛躍への決意を新たにしました。

それは、それで大事なんですけど…。
やっぱり、その後の懇親会が一番の楽しみです。

 

大雨やるせなくて北海道弁

お久しぶりの更新でございます。マリオです。

いやはや、雨が…。 このところ、全国的に大雨続きで各地に被害が出ている有様。
皆様におかれましては、まずは身の安全を第一に。
避けようのない被害も最小限にとどまりますよう、心よりお祈り申し上げます。

サラリーマンに限った話ではありませんが、このような悪天候の中も可能な限り勤務地に赴かなければならない方々は決して少なくございません。
かく言う私も、今朝、家を出ますと、それこそ水道の蛇口を捻ったような雨でした。

こういう日は、少しでも自分の気持ちを鼓舞しませんと、会社に着く前に心が折れてしまいます。
持ち物自慢ではありませんが、私のお気に入りの傘はグラスファイバー24本骨アルミシャフトの洋傘です。
大きめの傘なので図体のデカイ私でも安心、風にも強い頑丈さを持つ割には幾分軽いときた逸品です。

そして、靴は見た目普通の革靴なのに、実は水深5センチ防水を誇り、それでいて蒸れないという、これまた逸品。

いやぁ…雨漏りしたね。

風そんな強くなかったからさ、多少雨強くても大丈夫と思って家を出たんだ。
したっけ、歩き始めて5分もしないうちに、頭に冷たいもんが落ちてくるのさ。
もう、どこにさ。したって、傘さしてんだよ。
傘が雨漏りしたんなら傘の意味ないべさ。

あと、靴ね。

水深5センチ防水だか何だか知らんけどさ、甲が濡らさったら終わりね。 逆に、入った水は防水のとこで抜けらんなくなるっしょ。靴ん中プールさ。

もうわや。ゆるくない。

※補足1
・したっけ(すると・そうしたら・それでは)
・どこに(ありえない)
・したって(だって)
・濡らさった(濡れてしまった)
・わや(酷い状態)
・ゆるくない(キツイ・つらい・大変だ)

※補足2
北海道では「聞いてくれる?分かってくれる?」という気持ちの表れとしてイントネーション的に疑問形となる場合が多々あります。
たとえば、上の文では「出たんだ」「さしてんだよ」あたりの語尾を上げてお読みいただけると、一層、味わいが増します。

専門家の専門家たる所以

暑いですねぇ…。

マリオは生活習慣病の予備軍の中では、かなり前線基地に送られる可能性の高い部類です(苦笑)

ところで、もし、皆さんが体調不良を訴えて病院に駆け込んだとき、お医者さんの対応が悪かったら、どう思いますか?

たとえば、聞いたことも無いような専門用語ばかりを連発して、さも「それくらい勉強してから来なさい」という態度とか。
たとえば、細かい説明なんて全然しないで、病名を告げることも無く、良く解らない薬を出して「様子を見てください」とか。

あるべき姿は、医者が充分に説明し、患者が充分にメリット・デメリットを理解し、両者で相談して治療方針を決めて、双方協力して病と闘う。
これこそが「インフォームドコンセント」と言って、今の医療界でとても重要視されている考え方です。

実は、情報処理業界も日々インフォームドコンセントです。

ユーザは情報処理に関する知識が豊富ではない、いわゆる患者様。
技術者は情報処理に関する知識が豊富な、いわば医師。
そして企業の抱える病を「システム」という方法論で治療しようとしている。

ですから、技術者は常日頃から「専門用語を平易な言葉で説明する」ことが求められます。
これが出来ない技術者は「ヤブ医者・ヤブ技術者」です。

そして、システムを提案するにあたっては、複数の案を提示して、それぞれのメリット・デメリットに関して充分に説明し、何を選ぶかをユーザに決めてもらう必要があります。
そういう意味では、技術者は「一つの問題を解決する方法を、常に複数提示できるだけの多角的視点」を持っていることが大切です。

ここまで良いですか?

同意して頂けますか?

では、告白します。

マリオはヤブ技術者です(号泣)

システムコラボでは、ヤブではない技術者を募集しています(切実!)

今日も今日とて

本日、東京は雨模様ですが皆様いかがお過ごしでしょう。マリオです。

先日から新宿オフィス勤めでしたが、明日からは、また客先常駐です。
従いまして、お昼ご飯を自炊するのも今日が最後ということで、今日も目玉焼き…のはずでしたが。

昨日、社長から「こう毎日目玉焼きじゃ面白くない!」という至極もっともな指摘を受け。
「アナタ一個も食べてないじゃない」」という思いは胸の内に秘めつつ、別の料理を考えまして。

卵がメインの料理なんて、なかなか思いつかないわけです。
それこそ、目玉焼きか卵焼き。いいとこオムレツですよねぇ。

ところが、スーパーの乾物コーナーで見つけました、本日のお昼ご飯のヒント。

もう、手が勝手に買い物かごに入れていました「キクラゲ」ね。
そして、精肉コーナーで豚肩ロース切り落とし。

キクラゲを水で戻して、豚肉と炒めて、味付けをして、卵を割り入れて、軽く火を通したら出来上がり。

本日のお昼ご飯は「木須肉(木犀肉片)」です。
もちろん、この後スタッフ皆で美味しく頂きました。

本日の…

暑い日が続いておりますが、体調など崩されてはいらっしゃいませんでしょうか。マリオです。

本日の目玉!と申しますか…。
大目玉食らった!と申しますか…。

本日のお昼ご飯、おかずは今日もベーコンエッグです。

昨日の投稿をご覧いただけばわかりますが、
カセットコンロで作っております。

ええ。シスコラの新宿事務所で(汗)

よく考えてみると、鍋もフライパンもカセットコンロもあって、
近くにはコンビニ、少し歩けばスーパーマーケットもあって。

こうなると昼食ぐらい自炊したくなりますよね?!

呆れられるのを承知で社長に「昼飯作って良いですか?」と聞いてみると

「どうぞ、お好きになさって(笑)」とのお言葉をいただき、
晴れてベーコンエッグのお昼と相成りました。

と、いうわけで、シスコラでは「元(腕の良い)料理人」の社員も募集しています!

連載企画について

皆様いかがお過ごしでしょう。
夏の暑さにフルボッコ状態で負けているマリオです。

アイキャッチ画像は今日のお昼ご飯のおかずです。

ブログというのは非常に大変なもので、
更新する側としては毎日毎日がネタ探しの苦労。
あまりの大変さに逃避行動を続けた結果、
謹賀新年のあと半年以上も放置するという
暴挙に出てみました。
(よいこのみんなは真似しただめだよ?)

こういう時、連載企画があると、一種のテンプレートですからね。
毎日毎回、決まったテーマに沿って記事を書くというのは
ノンジャンルの中で何かを書き続けるよりは、
ネタも探しやすいし、続けやすい。

というわけで始まりました「マックの日課」です。

ちなみに、筆者はマリオではなく敬一さんです。
一説によると、とある中小企業の代表取締役だそうで
社員さんからは、非常に慕われており…。

はい、システムコラボのイメージキャラクターでもある
マック君(柴犬)の毎日に癒されてください!

謹賀新年

DSC_2015122912-33-33
(連凧と鏡餅で正月の装い)

 

新年、あけましておめでとうございます。

旧年中はご高配賜り、深く感謝申し上げます。

株式会社システムコラボも本日より2016年の営業を開始いたしました。

本年もより一層のご愛顧をいただけますよう、
お客様満足度とサービス向上に従業員一同
鋭意努力し続ける所存でございます。

なにとぞ引き続きご指導ご鞭撻のほどを
よろしくお願い申し上げます。

株式会社システムコラボ 従業員一同

DSC_2015122912-50-27
(入り口ドアに、小さいながら注連縄を飾りました。)

DSC_2015122912-51-16

2015年納会

本日は2015年12月30日、あと僅かで今年も大晦日を迎えます。
(恐らく、この記事がアップされる頃には大晦日になっていますね。)
皆様は年の瀬をいかにお過ごしでしょうか。風邪など召されてはいませんでしょうか。
さて、昨日、12月29日は株式会社システムコラボの「2015年納会」を開催いたしました。

客先で仕事中の者もあれば、お客様と納会をしていた者もあり、参加者はそれほど多くはありませんでしたが、無事に年の瀬を迎えられた喜びを仲間達と互いに祝う、非常に楽しい納会となりました・

2015年は弊社にとって色々と変化の年となりました。例えば「新宿オフィス」開設が真っ先に挙げられると思います。

我々のように、従業員のほぼ全員が客先常駐という勤務形態になりますと、横連携や情報共有が困難になりがちです。
業務、仕事という話だけならば、メールなりグループウェアなりで用が済む部分もありますが、やはり、我々は互いの顔を見て、仕事とは関係ない話をしながら仲間としての連帯感を培っています。
そのためには、仲間が集まる中央拠点としての新宿オフィスの開設は、我々従業員たちの気持ちにも、前向きな変化をもたらしていると感じます。

(まぁ、中央拠点といえば聞こえは良いですが、感覚的には「アジト」という方がしっくり来る感がある…というのはマリオだけの偏った見解であるということにしておいてください。)

今回の納会もアジ…新宿オフィスで開催しました。

会議机に新聞紙を広げガスコンロを設置。すき焼きを囲んで、飲んで食べて喋って、およそ6時間の長丁場でしたが、最初から最後まで笑いの絶えない納会でした。
少しぐらい騒いでも、他のお客さんを気にしないでもよいし、下手にお店などで納会を開くより気楽で良かった、というのが私の正直な感想。
我々がこうやって、穏やかに年末を迎えられたのも、やはり、お客様・皆様の暖かいご支援、ご指導、ご鞭撻、ご愛顧のおかげと、心より深く感謝いたしております。誠にありがとうございました。
来年は弊社、飛躍の年と位置付け、今年の変化を皆様に飛躍的なサービス向上という形で還元していく所存にございます。
なにとぞ、来年も変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

ジャネーの法則

今年も残すところ一週間となりまして、本日はクリスマスイブでございますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

どうも歳をとるごとに一年が短く感じるようになってくる…などと言われますが、確かに、以前に比べて本当に一年が短く感じられるようになって、昨年の今頃が、つい昨日のよう感じるマリオです。
(もちろん、つい昨日のように感じるからと言って、鮮明に記憶に残っていて思い出せるほど優れた記憶力は持ち合わせておりません。)

今日は、そんなお話し。

「人間は人生で経験した全ての記憶を持っている。ただし、思い出せるとは限らない。」という説が医学界にはあるようです。
いわゆる大脳には人間が人生で経験するすべての事柄をデータ化して格納しても充分に余るだけの容量があるそうです。

ところが、記憶をたどって思い出すにはインデックスが必要で、これは「重要と思われる情報・頻繁に使用される情報・インパクトの強い情報」ほど充実したインデックスになる。
逆に「あまり重要とは思われない情報・利用頻度の少ない情報・インパクトの弱い情報」ほど、インデックスが省略され、最後にはインデックスから削除され「データはあるのに探し出せない=忘れた」状態になるとの事。
ですから、子供のころの記憶は、何しろ毎日が新鮮で新たな発見の連続ですからインパクトが強い。当然、簡単にはインデックスが消えない。
しかし、大人になって、平凡で単調な毎日を送っていると、最近の事でも思い出せなくなるのですね。

つまり「単にマリオが健忘症なのではなく刺激が足りないのだ…」と思う事で、自分を欺きたいマリオです。

ところで、心理学では「歳を取るほど一年が短く感じる事」を説明した法則があるそうです。

かいつまんで説明しますと、人間は「自分の人生を100%として、ある期間が全体の何%にあたるか」の割合で長く感じたり、短く感じたりする…のだそうです。
つまり、10歳の子にとって1年は人生の10%。20歳の成人にとって1年は人生の5%、40歳の壮年にとって1年は人生の2.5%、傘寿を迎えると1年は1.25%まで減ってしまう。年々短く感じて当然だ。というわけですね。

この法則は「ジャネーの法則」という名前なのだそうです。

はい、今日は「何だか最近一年が短いんじゃね?」の法則のお話しでした。

では、じゃ~ね~、またね~♪