第一回コラボコンペ

マリオです。

 

シスコラのゴルフ部発足記念という事で「第一回コラボコンペ」なる社内ゴルフコンペが開催されました。

わたくしマリオを含む総勢6名が優勝を目指して火花を散らす…と言うよりは、大自然に抱かれ爽やかな汗を流すと言う、和気藹々とした楽しいコンペとなりました。

 

私事で恐縮ですが、マリオはゴルフコースデビュー戦です。
この日のために、練習を積むこと約10時間。もちろん、初めてゴルフクラブに触って10時間程でコースに出たと言う意味です。

ええ、そりゃあもう、圧倒的に練習が足りませんな。
でもご安心ください。実はわたくし、身体を動かすことに関しては天才的だと言われております。

はい、天才的な運動音痴でございます。

つまりですね、10時間が100時間やっていたとしても結果に大差ない自信があります。

何しろ、ドライバーなんて一度も当たったことが無いような状態で出場ですよ。この面の皮の厚さだけは自分で自分を褒めたいですね。

今回のコンペの紅一点、MKさんは先日我社に入社したばかりの新人ですが、私がカートに乗っているのを「マリオカート」と評するなど、打ち解けて頂けたようで何より。優勝争いでは大穴のポジションか。

そして、今回の大本命、TK君も、やはり我社に入社したばかりの新人さん。業界未経験ですがゴルフが上手と言う事で鳴物入りで入社してきたスポーツマン。

老練の妙技が光る敬ちゃんは差詰め対抗と言ったところか。ゴルフは腕力より経験が物を言う競技。まだまだ若い者に負けはせぬ!

続きましてはJTさん。シスコラゴルフ部の発起人にして、今回のコンペの幹事さん。マリオをゴルフの世界に引きずり込んだ張本人。

向正面回りまして先頭集団から2馬身遅れてHSさん、打ったボールが立木で跳ね返り、打った場所より後ろに着弾するトラブルで若干差が開いたか。

さらに5馬身遅れてシンガリはマリオ。各馬が優勝争いの中、逆独走態勢でコースを楽しんでいる。もはやドライバーを諦めてマッシーしか使っていない。ティーアップ何それ状態ならバンカーは迂回して手堅く打数を増やしてます。「今回の目標は170を切ること」などと言っていますが、本気かマリオ。

と言うわけで、一名を除いてレースの行方は大混迷を極めましたが、無事、怪我人もなく社長が優勝を決めまして第一回システムコラボ杯(名前が変わっている気がする)は終了したのでした。

なお、出場者の名誉のために言っておきますが、社長相手でも決して接待ゴルフではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です